読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YouTubeが面白い(今更)

数ヶ月前にテレビが壊れて以来、映像メディアといえば専らYouTubeになりました。

いやはや、ユーチューバーなんてだせえよなんて斜に構えていましたが、

最近その素晴らしさに気づきました。

 

まず女性向けに多いのが化粧方法や新しいコスメの紹介の動画。

私は化粧が下手なのでたまにネットで化粧の仕方を検索してみたりするのですが、

文字、写真だけの説明だと正直分かりにくいんですよね。

その点YouTubeは映像なので細かい作業工程まで見られて分かりやすいです。

 

最近良く観ているのが、海外で暮らしている日本人の動画。

私が見ている動画の作り手さんは、何か特別なことをするわけではなく

普通に普段の生活の動画を撮っているだけなのですが、

それだけで現地の雰囲気が伝わってきてすごく面白いです。

 

一番衝撃だったのが、美容整形をした方の動画です。

手術当日からある程度落ち着くまで約2週間毎日動画を記録していたのですが、

その壮絶さたるや…恐ろしい。痛みと出血との戦いの記録でした。

華やかで憧れていた整形手術ですが、あまりにも壮絶でちょっと怖かったです。

 

ユーチューバーださいって思ってて本当すみませんでした。

また色々面白い動画を見つけてみようと思います。

病院とカウンセリング

病院とカウンセリングに行ってきました。

話すと長くなるので多くは書きませんが、前の記事にも書いているように

私は精神面が弱く、ストレス耐性もとんでもなく低いです。

そのせいで昔からかなりたくさんの苦労してきました。

今のまま求職活動をして、仮に新しい仕事を見つけることが出来たとしても

すぐ辞めてしまうかもしれない‥危機感を感じて精神科の門を叩きました。

症状をうまく話せるか自信がなかったので、

事前に紙に書いてお医者さんに渡しました。

ありきたりの言葉かもしれないけど、「大変だね、よく頑張っていますね」

と言ってもらえてとても嬉しかったです。特に病名などは言われませんでした。

 

その後、処方薬をもらって、カウンセリングを受けました。

カウンセラーの方は30代くらいの女性の方で、すごく話しやすかったです。

まず最初に言われたのは、他人より弱い自分を責めなくても良いということ。

私はいつも精神面が強い人と弱い自分を比べては、自分はダメだと思ってきました。

でも強さは人それぞれで、自分は今弱っている状態なのだから、

仕方のないことだと受け入れた方が良いと。そして投薬と心の持ち方を変えて

少しずつ回復していきましょうと言われました。

 

カウンセリングが終わって肩の荷が少し降りた感じがしました。

実は以前にも1回カウンセリングに行ったことがあって、

その時はカウンセラーの人と合わずすぐ通うのをやめたのですが

今回のカウンセラーの方はかなり話しやすくて良かったです。

 

年齢的にかなり焦りはありますが、時間をかけて回復するしかないんだな…

今後は英語の勉強を続けつつ病院とカウンセリングに通って、

来年には求職活動が出来るようになりたいなと思います。

今後の人生が全く見えない

3月3日から2ヶ月が経ちました。だめだこりゃ…

TOEICを受けました。結果も来ました。

点数は、以前より上がっていましたが納得の行く結果でなかったので

現在通っている英語の学校をもう1年継続することにしました。

卒業するころには29歳。

こんな年齢で求職活動をしたって、多分ロクな会社に就職出来ないんだろうな。

その上、異常なまでにストレス耐性が低いので、

仮に就職出来ても続く可能性は著しく低い。

この歳まで恋愛経験が全く無いと、婚活しようとも思えない。

詰みすぎてない…?

日本は世界中の人たちが羨むほど裕福な国になりました。

でも、今はそのせいで幸せや能力の基準が上がりすぎて、

無能には一切居場所の無い世界になってしまった。

無能はいつだって居場所は無いかもしれないけど、

工場が無くて、何もかも手作業でものづくりをしていた時代だったら

私みたいな人間でも何かしら居場所があったんじゃないかと思う。

やりたい仕事も無い。

人と話したくない。

残業したくない。

今の清掃の仕事が私に一番合っているんだと思う。

でも肉体労働のせいで身体がボロボロになってしまったから、

いつか辞めないといけなくなってしまった。

 

喪女のブログあんてなを見ていたら、就職が決まったとか、

脱喪したとか、明るいニュースが見られた。

同胞の成功を喜びたい。

でも、今はそんな気分になれない。

死ねないのは心のどこかでまだ良いことがあるんじゃないかと

期待しているからだと思う。

そんなことありえないのに。

3月。TOEIC対策の話

3月になりました。

母が小さいお雛様を飾ってくれました。綺麗です。

f:id:cafe_biscuit:20170303001916j:plain

 

TOEIC試験まで約1ヶ月になったので、

本格的にTOEIC対策を始めました。

とりあえず公式問題集を解くところから始めます。

問題集でははっきりした点数は分からないのですが、

(大体●●〜△△点くらいだよ〜みたいなのしか出ない)

まぁ、、2年前に受けた時よりは少しましになってるのか…?

しかし去年TOEICの問題の内容が少し変わりまして、

リスニングのセクションで、表や図を見て

答えないといけない問題が追加されたんですね。

私は馬鹿なのでそれが中々手強い。

ちょっと色々ネットで調べて対策を打とうと思います。

あとはマークシートの塗り間違い!

集中していても一瞬の気の緩みで起こりうる。

これは本当に怖いです。

時間があれば1個1個見直したいところなのですが、

私の実力ではそこまで時間の余裕が無いのですね。

リーディングのセクションでは、

英文自体はそこまで難しいものは出てこないのですが、

いかんせん文章の量が多い。

速読力にまだ自信が無いから、

1ヶ月じゃどうにもならないだろうけど、

悪あがきしてみます。

アンテナに登録する前に更新が滞ってしまった

誰も見ていないこのブログ。目指すは喪女ブログアンテナ登録…!

最後に更新したのは11月。約3ヶ月経ちました。

 

現状

●28歳になりました

一般的に未経験の職種に転職できるのは28歳までと

言われてますね。もう尻に火がつき始めています。

 

●4月9日にTOEICを受けます

この試験の点数を履歴書に書くことになるので、

ある意味運命がかかっています。

英語学校の先生には、もうちょっと実力つけてからの方が

良いんだけどねぇ…言われましたが仕方ないんだよ!

英語の勉強は続けますが、泣いても笑ってもとりあえず

このテストである意味一つの区切りが付く感じです。

 

●映画「レオン」を見た

洋画好きを自称しておきながらこの名作中の名作を観ていなかった。

最高でした。ナタリー・ポートマンが最高。可愛すぎる。

美少女とおじさんという構図、タクシードライバーもそうだけど好きだ。

【映画】別離

f:id:cafe_biscuit:20161114004517j:plain

あらすじ:イランのテヘランで暮らすシミン(レイラ・ハタミ)とナデル(ペイマン・モアディ)には11歳になる娘がいた。妻シミンは娘の教育のために外国へ移住するつもりだったが、夫ナデルは老いた父のために残ると言う。ある日、ナデルが不在の間に父が意識を失い、介護人のラジエー(サレー・バヤト)を追い出してしまう。その夜、ラジエーが入院し流産したとの知らせが入り……。 

【感想】

後味の良い映画ではないですが、多くのことを考えさせられる映画でした。

イランが舞台の映画で、現代における宗教や介護の問題を浮き彫りにしています。

ストーリーが進むにつれ、イスラム圏の人々にとって宗教に対する信仰というのは

人生の全てといっても過言ではなく、全ての行動の指標だということが分かり、

無宗教である私にはとても衝撃的でした。

ISISなどのイスラム系テロ組織に通ずる問題もあると思います。

ぜひ観て欲しい作品です。

結婚できそうにもないので今後の人生について考えてみる。

私はもてないくせに婚活は面倒くさいのでしたくないクズです。

というか、もう諦めてます。婚活したってこんなブス+根暗、絶対相手にされねー!!

 

というわけで結婚を諦めた以上、手に職をつけないといけません。

英語は3,4年前に勉強し始めて、ギリギリではありますが、

何とか仕事でも使えそうなレベルまで来ました。

(といっても、通訳や翻訳になれるほどではないのですが…)

今興味があるのは貿易事務という職種です。

昔の知り合いが貿易事務の仕事に就いていて、

すすめられたのがきっかけです。

 

【貿易事務の長所】

★通訳・翻訳や外資系ほど高い語学力は求められないが、

仕事上で英語を使うことが出来る。

★専門職になるので、経験者は引く手あまた。

 

【短所】

★忙しい業界なので即戦力を求めており、未経験の人間には門戸が狭い

★海外とやりとりをする仕事なので時差の関係で

残業が多くなる場合がある。

 

未経験で入りにくい業界なのがネックかな。

でも、頑張って挑戦したいと思っています。

今は英語の学校に通っていて、来年の春に卒業する予定なので、

その後貿易事務の資格の勉強を始めようと思います。

それまでにもっとリーディングのスキルを上げないと

いけないので頑張ります。