読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【映画】チョコレートドーナツ

f:id:cafe_biscuit:20161104002104j:plain

あらすじ:1979年カリフォルニア、歌手を目指しているショーダンサーのルディ(アラン・カミング)と弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)はゲイカップル。 母親に見捨てられたダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)と出会った二人は彼を保護し、一緒に暮らすうちに家族のような愛情が芽生えていく。 しかし、ルディとポールがゲイカップルだということで法律と世間の偏見に阻まれ、マルコと引き離されてしまう。

 

 感想(ネタバレ注意

初めは「偏見や差別と戦うゲイカップルとダウン症の少年」いうテーマが

いかにもお涙頂戴な感じがするなと思って観ていたけど、

”マイノリティに対する世間の目”の描写はリアルで、

法律や差別・偏見の前では主人公たちはあまりにも無力だったというラストでした。

しかし劇中で、主人公たちと黒人の弁護士が「それでも戦い続けなければならない」

と話しているのを見て心を動かされました。

愛する人間同士が一緒にいるのに理由なんていらないはずなのに、

現実はそれが難しい時もあるんだな…。私は差別・偏見は無くならないと

思っています。世界には本当にたくさんの人間がいるんだから、

色んな考え方があるのは仕方ないことだと感じます。

それでも、私自身は”違い”を受け入れられる人間になりたいと思っています。