読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今後の人生が全く見えない

3月3日から2ヶ月が経ちました。だめだこりゃ…

TOEICを受けました。結果も来ました。

点数は、以前より上がっていましたが納得の行く結果でなかったので

現在通っている英語の学校をもう1年継続することにしました。

卒業するころには29歳。

こんな年齢で求職活動をしたって、多分ロクな会社に就職出来ないんだろうな。

その上、異常なまでにストレス耐性が低いので、

仮に就職出来ても続く可能性は著しく低い。

この歳まで恋愛経験が全く無いと、婚活しようとも思えない。

詰みすぎてない…?

日本は世界中の人たちが羨むほど裕福な国になりました。

でも、今はそのせいで幸せや能力の基準が上がりすぎて、

無能には一切居場所の無い世界になってしまった。

無能はいつだって居場所は無いかもしれないけど、

工場が無くて、何もかも手作業でものづくりをしていた時代だったら

私みたいな人間でも何かしら居場所があったんじゃないかと思う。

やりたい仕事も無い。

人と話したくない。

残業したくない。

今の清掃の仕事が私に一番合っているんだと思う。

でも肉体労働のせいで身体がボロボロになってしまったから、

いつか辞めないといけなくなってしまった。

 

喪女のブログあんてなを見ていたら、就職が決まったとか、

脱喪したとか、明るいニュースが見られた。

同胞の成功を喜びたい。

でも、今はそんな気分になれない。

死ねないのは心のどこかでまだ良いことがあるんじゃないかと

期待しているからだと思う。

そんなことありえないのに。